おだんご作り第2弾

前に 雨のいたずらで お団子が 壊れてしまったこと 書きました。

今日は、おだんご作りから紹介します。
おだんご作りをする場所は、代々引き継がれている ハナミズキの木の根元。

毎年 せっせと おだんご作りをするので ハナミズキの根が出てしまい、3月に土を入れてもらいます。

ハナミズキの木さん ごめんなさい。

土をぬらして おだんごを丸めます。

丸めたあとに 魔法の粉(さらさらの土)をかけます。

子ども達 特徴があって おもしろい!!

その様子 ご紹介します。

何してる?って思ったのです。

ふるいの下に

お だ ん ご !!!

起用にかけていました。

その横で ひたすら 集めて かけているお友だち

一度 集めてから かけるお友だち

沢山 集めて お山にして くぼみに おだんご 入れて 集めながらかけるお友だち。

小さいクラスの お友だちの おだんごを作ってあげるお友だち。

みんな それぞれ 工夫していました。

きっと ここまでに 色々な やり方をして

自分の 一番の方法を考えたのだと思います。

お姉さんに 作ってもらったおだんご 見せに来てくれました。

「先生!! 見てみて♪」嬉しそうな表情でした。

ずーと 作ってくれている横で 見守って 待っていたのですものね💙

よかったね♡

そうそう ここから 本番のはなし。

あのとき おだんごをしまったおいた場所が 悪く雨に濡れてしまいました。

今度は、どこに しまうのかと 子どもを見ていたら…。

大切そうにかかえて2階にあがりました。

???

お部屋に持って行くの?

と思ったら 下駄箱に おいてありました。

うん

ここなら 濡れないね♪♪♪

一度失敗しても 次は どうするればいいか ちゃんと考えています。

子どもって本当に 前進あるのみですね。