お遊戯会 コロナウィルスの感染対策の悩める日々

中央公民館での感染対策。

間隔は1㍍以上あける セリフは前をむく ソーシャルディスタンス。

『おおきなかぶ』がしたい。子ども達のお気に入り。

いままでだったら おじいさんのあとにおばあさんがついて まご 犬 猫 とくっつく感じをイメージしますよね。

コロナウィルスの感染対策では、くっつけない。1メートル以上あけんsければならない。

さあ! どうしよう???

担任の苦悩の日々が始まりました。

エアーにする? 子どもが楽しめない!

子供の笑顔が見たい。

考えて 考えて 「スズランテープ」やっぱ駄目😭

「そうだ! なわとび」それだって改良に改良をして…

子どもが持ちやすく しかも なわとびに見えないようにするには…

間隔をあけること。子どもの立ち位置。客席から見えるようにするには…

中央公民館に 何回もお邪魔して 寸法を計って…

やっと決まった子どもの立ち位置。

後は、くっつかないように

シールで目印  職員が位置が定まるまで黒子になるのかな。

課題は、まだまだ😂😂😂

「子供たちが輝ける舞台にするぞ」

一緒に楽しもうね♡

色々なこと考えて大変なのに 子供の姿見ていると 頑張れちゃうのかな?

前の記事

ポカポカお天気☀