一日遅れのこどもの日

5月5日は、こどもの日。

『元気に育ち 大きくなったことをお祝いする日』

きっと 昨日は お家の方とたくさん遊んで おいしものを食べたのかな?
「先生!おじいちゃんとご飯食べた」「○○買ってもらった」とうれしそうにお話してくれました。

園庭のこいのぼりは、元気に泳でいます。

お部屋でも可愛いこいのぼりが泳いでいます。

ゆりぐみさんは新聞紙のカブトも作りました。

鱗もすごい!!!

自分で 書いて 切って 貼って 風車風に…。

きく組さん

こいのぼりを想像してはじき絵で作りました。

ハサミも使えるようになりました。

うめ組さん

おはな紙をちぎったり 丸めたりして 鱗の模様を作りました。

ちゅうりっぷ組

殴り書きを先生が鱗の形に切ったものをこども達が貼りました。

さくら組さんは、容器で作ったスタンプを色々な色で押しました。

さくら組さん スタンプだ~いすき♥

年齢にあった取り組みで かわいい こいのぼりを作りました。

そ し て…

お昼 可愛いこいのぼりのハンバーグを頂きました。

可愛すぎて 食べられないのか サラダからパク

レザートのいちごをパク♡

きゅうりだけパク♡

いつメインにたどりつくのか…。

可愛いこいのぼり 給食の先生が 朝から頑張って 作ってくれました。

給食の先生 ありがとうございます。

先生達の 愛情 こども達にとどきました。

可愛すぎて 中々 食べられなかったのが その証拠です。

 

 

きく組さんは自分でこいのぼりを作りました。

手袋をはめられないので 消毒をして…。

こいのぼりの目を作っています。

ご飯も カップで パカッと

さすが、年中になるとなんでもできますね。

ゆりぐみさん

折り紙で カブトを作りました。

年長さんになると こいのぼりも大きく 鱗も書いて

迫力があって 美味しそう♡♡♡

いっぱい 食べて 大きく な~れ

そして おやつは 柏餅

ちなみに 柏餅の由来は

柏餅を包む柏は昔から神聖な木とされていたことや、新芽が出ないと古い葉が落ちないため「子どもが生まれるまでは親は死なない」、すなわち「跡継ぎが途絶えない」「子孫繁栄」に結びつき、端午の節句の縁起の良い食べ物

みなさんも 柏餅 たべましたか?

保育園の頂いた柏餅 おいしかったです。